鴨川シーワールド

オフィシャルホテル チケット

ニュースリリース

千葉県の魚「タイ」にちなみ
鴨川シーワールドでマダイの放流を実施

6月15日(火)千葉県民の日に100名の子どもたちがマダイの放流を体験

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:勝俣浩)では、6月15日(火)の千葉県民の日に、県の魚「タイ」にちなんでマダイの幼魚の放流イベントを実施しました。

マダイの放流は6月15日「千葉県民の日」特別イベントとして1989年より始まり、今年で33年目を迎える恒例行事となっています。本年も、千葉県在住の中学生以下の入館を無料としたほか、先着100名の子どもたちが鴨川シーワールドの目の前に広がる東条海岸へマダイの幼魚を放流しました。

子どもたちは透明のケースに入った小さなマダイを覗きこんだり、一緒に写真を撮ったりと、普段の生活で出会うことが少ない生きた魚に興味をもっている様子でした。海岸に設置した水路から幼魚を放流し、太平洋の大海原へ消えていく姿を参加者全員で見守りました。

開業50周年を迎えた鴨川シーワールドでは、これからも地域とのつながりを大切にし、地域に根ざした活動を続けていきます。