鴨川シーワールド

オフィシャルホテル チケット

ニュースリリース

鴨川シーワールド
東条海岸で今年初めてアカウミガメの産卵を確認

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:勝俣浩)では、2021年7月6日(火)に鴨川市東条海岸で今年初めてのアカウミガメの産卵を確認しました。

千葉県の海岸では毎年6月~8月にかけてアカウミガメの産卵が確認されています。当館では、その時期に合わせて毎朝担当の係員が海岸の調査を行い、7月6日(火)に、鴨川シーワールドの目の前に広がる東条海岸で、アカウミガメが産卵のために砂浜に上陸した痕跡を確認しました。その後、ウミガメ卵の採捕許可を持つ専門の係員が産卵場所の調査を行い、深さ約30~50㎝の砂の中にアカウミガメの卵141個を確認しました。今回は、遊歩道から海岸への階段を下りてすぐの場所で産卵があったため、卵の安全を考えて海岸の入り口から離れた場所に移動を行い、周辺に保護柵を立てて、卵を見守っていく予定です。今後台風などにより卵に危険があると判断した場合は、鴨川シーワールド内「ウミガメの浜」への保護について検討をしていきます。

アカウミガメ

アカウミガメは、生息環境の悪化(産卵地の減少や海に漂うビニールゴミの誤食など)により生息数は年々減少傾向にあると考えられている。日本はアカウミガメの主要な産卵場所で、千葉県はアカウミガメが毎年産卵にやってくる北限域にあたる。1回の産卵数は平均100個前後で、卵はピンポン玉に似ている。およそ2ヶ月後に砂の中でふ化し、ふ化後数日から1週間かけて地表に出て、海に旅立つ。