鴨川シーワールド

オフィシャルホテル チケット

動物情報カモシアター

Vol.89 ~アンドンクラゲにご用心~

アンドンクラゲは、カサの直径が3cmほどになる小型のクラゲです。四角い形をしたカサと、4本の長い触手が特ちょうで、江戸時代に普及した照明器具の行灯(あんどん)を連想させることが名前の由来です。
房総半島では7月から11月にかけて、海水浴場や堤防などに姿を現します。とても強い毒をもち、刺されると強い痛みとともにミミズ腫れになることもあります。
透明な体は海では見つかりにくいため、泳ぐ時には注意が必要です。

開発展示課