世界一小さいアザラシ「ワモンアザラシ」の赤ちゃん誕生

2016年3月4日

2016年2月21日に「ワモンアザラシ」の赤ちゃんが生まれました
ロッキーワールド地階の専用プールで母親「アルー」と一緒にご覧いただけます。


2016年2月21日(日) 15時43分にワモンアザラシの赤ちゃんが誕生いたしました。

誕生時の赤ちゃんは、体長 55.0cm、体重 3.9kg、性別はメスで、21時44分には初授乳が確認されました。その後も母親からの授乳は確認されましたが、母乳があまり出ていない可能性があると考えられたため、現在、飼育員による人工哺乳を補助的に行っています。
鴨川シーワールドでのワモンアザラシの誕生は、2014年2月に次ぐ2年ぶり2回目で、世界での繁殖例としても北海道の「おたる水族館」と当館の2館に事例があるのみで、大変貴重な出産例です

ワモンアザラシの赤ちゃんは、ロッキーワールド地階の専用プールで母親「アルー」と一緒にご覧いただけます。
純白の新生児毛におおわれ、まるでぬいぐるみのように愛らしい赤ちゃんの姿は、誕生後ごくわずかな限られた期間しか見ることができません。

【ワモンアザラシの赤ちゃんデータ】

新生児: 性別 メス
体長 55.0cm
体重 3.9kg(誕生当日) ※2016/3/3現在の体重は4.9kg
母獣: 「アルー」 2008年10月13日搬入  推定年齢 12歳  体重 52.9kg
父獣: 「ティノ」 2009年10月18日搬入  推定年齢 13歳  体重 47.6kg
※交尾は未確認
出産経過: 2016年2月21日 15時43分 出産
        同日 21時44分 初授乳を確認
ワモンアザラシの
妊娠期間:
約1年

【ワモンアザラシについて】

ワモンアザラシは、鰭脚類の中で最も北に生息する小型のアザラシで、北極海周辺の北の海や湖に生息し、生息域によって5つの亜種に分類される。その中でも、鴨川シーワールドで飼育されているオホーツク海周辺に生息する亜種(P.h.ochotensis)は、アザラシの仲間の中で世界最小である。
親は灰色から灰褐色の地に淡い色のリング(輪)の模様が散在し、その模様が「ワモンアザラシ」という名称の由来と言われる。自然界での出産は氷上で行われるため、新生児は白色の新生児毛におおわれて生まれるが、6~8週間で換毛が終わり成獣と同じ体色となる。
日本国内での飼育園館は少なく、繁殖例は北海道の「おたる水族館」と鴨川シーワールドのみ。

ギャラリー

場所

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ