2017年干支の生き物~海の酉(トリ)たち~

2017年の干支「酉」(トリ)にちなんだ海の生き物の特別展示。
酉(トリ)にちなんだ名前が付いた海の生き物で、和名に「スズメ」が付く「シマスズメダイ」や「テンジクスズメダイ」、和名に「ツバメ」が付く「ツバメウオ」や「ナンヨウツバメウオ」、和名に「サギ」が付く「ダイコクサギフエ」、和名に「トリ」が付く「トリノアシ」の計6種約80点です。

エコアクアローム特設会場の水槽に展示された生物に、なぜ「トリ」にちなんだ名前が付いたのか、その由来を楽しみつつ、新年の新たな気持ちとともに、干支にちなんだ「海の酉たち」の姿を観察してみてはいかがでしょうか。

【展示期間】2016年12月17日(土)~2017年1月31日(火)

和名に「スズメ」がつく魚「シマスズメダイ」「テンジクスズメダイ」

形はタイに似ていますが、体が小さく、群れで泳ぐ姿が「スズメ」を連想させることからついた名前だと考えられています。
房総半島周辺の海では、「スズメダイ」や「ソラスズメダイ」など15種類のスズメダイの仲間を見ることができます。

和名に「ツバメ」がつく魚「ツバメウオ」「ナンヨウツバメウオ」

幼魚の頃の体型が「ツバメ」が飛んでいる姿に似ていることからついた名前だと考えられています。
房総半島周辺の海では、2種類のツバメウオの幼魚を見ることができます。

和名に「サギ」がつく魚「ダイコクサギフエ」

細くて長い口が、サギのくちばしを連想させることからついた名前だと考えられています。普段は水深200メートルほどの深い海に住んでいますが、鴨川では、5月~6月頃に群れで大量に定置網に入る姿をまれに見かけることがあります。

(番外) 和名に「トリ」がつく生物「トリノアシ」

上下逆さまにした姿が鳥の長いあしに似ていることから、ついた名前だと考えられています。一見、植物のような姿をしていますが、ヒトデやウニと同じ棘皮(きょくひ)動物の仲間で、じっと見ていると、触手をゆっくりと動かしている様子を観察することができます。

展示場所「エコアクアローム特設会場」

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ