猛毒の持つクラゲ「ハブクラゲ」を展示開始

2019年8月21日

クラゲ展示施設「Kurage Life(クラゲライフ)」にて、猛毒を持つクラゲ「ハブクラゲ」の展示を開始いたしました。

今回展示中の「ハブクラゲ」は、8月5日に捕獲し、搬入しました。「ハブクラゲ」は、初夏から秋にかけて沖縄や奄美地方の海に出現する熱帯性のクラゲで、カサの四隅から伸びる7~8本の触手が特徴です。日本近海に生息するクラゲの中では特に危険な種で、強い毒を持つことから、毒蛇の「ハブ」が名前の由来と言われています。
刺されると激痛を感じ、患部は時間がたつとミミズ腫れになります。さらに、重症の場合には意識障害や呼吸困難・心停止にいたり、過去には死亡例も報告されるほど、海では厄介者の「ハブクラゲ」ですが、水槽の中で30cm以上にものびる触手が揺らめく姿は、優雅でとても涼しげで美しいのが特徴です。

また、初夏から秋にかけて房総半島に出現する強い毒をもった「アンドンクラゲ」も、昨年に続き今年も同施設にて展示を開始いたしました。「アンドンクラゲ」は四角い形をしたカサと長い触手が特徴の小型のクラゲで、その形状から江戸時代に普及した照明器具の行灯(あんどん)が名前の由来と言われています。

いずれも季節限定の展示のため、この機会に「ハブクラゲ」と「アンドンクラゲ」の、美しい姿をお楽しみください。

「ハブクラゲ」について

和名:
ハブクラゲ(立方クラゲ目 ネッタイアンドンクラゲ科)

学名:
Chironex yamaguchii

形態:
カサ径8cmほどになるクラゲ。透明な立方体をした体の四隅に7~8本の触手が長くのびる。強力な刺胞毒を持つことが毒蛇の「ハブ」を連想させることが名前の由来となっている。

分布:
沖縄や奄美地方に夏にかけて出現する。

生態:
7~8本の触手には猛毒があり触手に触れた小魚などを麻痺させて食べる。エサを追い求めて浅瀬に入ってきて、気づかずに刺されることがある。沖縄県の海水浴場にはハブクラゲの侵入防止ネットが設置されているところが多い。

「アンドンクラゲ」について

和名:
アンドンクラゲ(立方クラゲ目 アンドンクラゲ科)

学名:
Carybdea rastoni

形態:
カサ径3cmほどの小さなクラゲ。透明な立方体の体に4本の触手が長くのびる。その姿が行灯を連想させることが名前の由来となっている。

分布:
日本近海に夏にかけて出現する。

生態:
黒潮にのって北上し8月頃に日本各地の沿岸に現れるが、その生態はあまりわかっていない。
4本の触手には強い毒があり小魚などを捕まえて食べる。

展示施設 Kurage Life(クラゲライフ)

「Kurage Life(クラゲライフ)」は、約10種類のクラゲの展示により、クラゲの魅力あふれる生態や多様性を紹介すると共に、最新のデジタル映像技術でクラゲの不思議な生活史を再現するコーナーを開設し、より楽しく、わかりやすく学ぶことができる参加体験型の展示施設です。

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ