鴨川シーワールド エコアクアローム「鴨川海底谷」にて
長期の飼育が難しい深海魚、ギンザメの展示を開始
2019年3月から本格的に展示開始

2019年3月11日

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:勝俣浩)では、2019年3月からエコアクアローム「鴨川海底谷」で飼育が大変難しいギンザメの展示を行っています。

水槽内を泳ぐギンザメ

ギンザメの給餌の様子

ギンザメは、日本周辺のやや深い海に広く分布する軟骨魚類の一種です。銀色の体と大きな眼、大きな胸ビレと背ビレの毒針(棘)が特ちょうで、全長は最大で1mを越えます。日本では、ギンザメ科で8種、テングギンザメ科で3種の計2科11種が知られており、定置網や刺し網でも捕獲されることから、水族館でも時おり展示されています。
しかし、長期の飼育は難しく、鴨川シーワールドでは2006年に鴨川沖の定置網にて採集したギンザメを飼育した315日間が最長記録です。

今回展示しているギンザメは、2019年2月8日(金)に鴨川沖の定置網で乗組員によって捕獲されたメスの個体で、搬入時から安定して泳ぎ、翌日には魚の切り身を食べ始めました。現在では、過去の飼育実績にならって2日に1回魚の切り身や、エビのむき身などをあたえています。

水族館で目にすることは珍しい貴重なギンザメが、大きな胸ビレではばたく様に泳ぐ姿を鴨川シーワールドでご覧ください。

【本件に関するメディアの方からのお問合せ先】
鴨川シーワールド 広報 担当:山口・渡邊
TEL/04-7093-4635 FAX/04-7093-3084

>>一覧に戻る

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ