鴨川シーワールド内で保護していたアカウミガメの卵から子ガメがふ化
8月8日早朝に、55匹が砂の中から姿を現しました
~ 台風通過後、海上の状態を見て東条海岸へ放流予定 ~

2017年8月8日

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:勝俣浩)では、園内の「ウミガメの浜」で保護していたアカウミガメの卵が8月6日(日)にふ化し、8日(火)に砂の中から姿を現しました。

鴨川市内の海岸では、毎年アカウミガメが上陸し産卵しています。当館では2002年よりふ化に適さない場所に産卵されたアカウミガメの卵を、ウミガメ専用施設「ウミガメの浜」に設置された、ふ化用の砂浜に収容し生まれた子ガメを海へ放流する保護活動を行っています。

今回ふ化したアカウミガメの子ガメは、鴨川市内の海岸で6月6日に産卵が確認されたもので、産卵場所が台風3号の通過による卵の冠水や流失の恐れがあったため保護し、子ガメのふ化を見守っていました。

8月6日(日)の夕方に飼育員がふ化を確認し、8月8日(火)の早朝に子ガメたちが一斉に姿を現しました。例年であれば、「ウミガメの浜」から海岸へと伸ばした、特設桟橋を自力で渡り海へと帰っていきますが、今回は台風5号の影響により海上が大しけとなった為、今後、海上の状態を見て東条海岸へ放流を行う予定です。


アカウミガメの卵を保護している「ウミガメの浜」

 

8月8日早朝、砂の中から姿を現す子ガメたち 1


8月8日早朝、砂の中から姿を現す子ガメたち 2

 

8月8日早朝、砂の中から姿を現す子ガメたち 3

【本件に関するメディアの方からのお問合せ先】
鴨川シーワールド 広報 担当:山口・渡邊
TEL/04-7093-4635 FAX/04-7093-3084

>>一覧に戻る

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ