鴨川シーワールド まるごと動画ライブラリー

KAMO_THEATER(カモシアター)

鴨川シーワールドの飼育係により海の生き物の様子を動画で紹介する「KAMO_THEATER(カモシアター)」。
公式Facebookで毎週水曜日にお届けしております。

2017.2.14 Vol.62 ~エサにコイ!~

魚類展示課の吉村マネージャーです。

多くの生き物は、エサの時間を覚えています。飼育係の服装や持ち物、行動や時間帯などを総合的に学習し、「エサだ!」と判断しているのかもしれません。その証拠に、飼育係が私服で水そうの前にいても反応しませんし、掃除の時間には、知らん顔をしています。
むしろ、作業の邪魔をしないように気を使っているようにも見えます。
イルカやシャチはもちろんですが、コイだってエサの時間には敏感です。

魚類展示課マネージャー 吉村 智範

2017.2.7 Vol.61 ~2月8日はララの誕生日です!~

海獣展示一課の刈込トレーナーです。

鴨川シーワールドシャチ三姉妹の次女がララです。今年の2月8日で16歳になりました。

皆さんは、シャチをどうやって見分けていますか?
私達トレーナーはそれぞれの特徴を見つけて見分けます。模様や背びれ・尾びれの形、そして顔にも特徴があります。ララは下顎に小さな黒い点の模様がたくさんあります。
この黒い点はララの父親ビンゴにもありました。
皆さんもこの模様を見つけて、ララを見分けてください。

海獣展示一課 刈込 香苗

2017.1.31 Vol.60 ~魚たちの献立~

今回は魚類展示課の引馬飼育員です。

鴨川シーワールドの魚たちには、食性に合わせて魚や、市販の人工餌料など様々なエサを与えています。
体の大きなエイやサメにはアジなどをまるごと、ナンヨウハギなど雑食性の魚には、アジの切り身やオキアミなどに加え、藻類のかわりにレタスなども与えています。小さなルリスズメダイのような魚たちには、小さなエビの形をしたアミなどを与えています。

実は、もっと小さなエサがあり、それは生きたプランクトンです。これらは、口の小さな魚や鴨川シーワールド生まれの稚魚などに与えています。

魚類展示課 引馬 由惠

おすすめ動画ライブラリー

鴨川市民DAY 2017

トロピカルアイランド 水中散歩満喫プラン

ハマクマノミの稚魚

 

鴨川シーワールド サマーイベント2016

「トビウオ」の赤ちゃん
 

 

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ