鴨川シーワールド

オフィシャルホテル チケット

イベント情報地域との連携

春の花催事「鴨川シーワールド 花まつり2017」に向けて園児たちが菜の花の種まきを実施します

昨年の様子
昨年の様子

鴨川シーワールドでは、来春の花催事に先駆け、地元こども園の園児たち80名が、園内海岸通路のプランターに菜の花の種まきを実施いたします。

南房総の春を彩る菜の花は、千葉県の「県の花」であり、鴨川市の「市の花」でもあります。春の花催事期間中には毎年たくさんの菜の花を園内に植え、お客様に一足早い春を楽しんでいただいています。昨年度は8,000本の菜の花をメインゲートと海岸通路を中心に配置し、ご入園のお客様を黄色いじゅうたんでお迎えしました。今年度はその倍の16,000本の菜の花を用意しようと準備をしています。

例年は、園外の専用の作業スペースで菜の花の育成を行ってきましたが、今年はよりたくさんの菜の花を育てるために、プランターに種を植えて園内でも育てます。その種まきの一部を地元の認定こども園「OURS」(社会福祉法人太陽会、園長:米倉和昭)の園児の皆様に、自然体験の一環としてお願いしました。3歳~5歳までの園児80名が、園内海岸通路に置かれたプランターに菜の花の種を植えます。終了後は、お礼として水族館に招待し、魚たちや、動物パフォーマンスを見ていただく予定です。

【実施概要】

2016年11月25日(金) 10:00より、園内海岸通路特設会場にて
参加園児:認定こども園「OURS」(アワーズ) 3歳~5歳の園児 80名