鴨川シーワールドは、「JAPAN Water Style」を
応援しています。

「JAPAN Water Style」について

私たちの暮らしと切り離すことの出来ない水。今、その水循環の確保がとても重要です。水循環は、企業の取組、地自体の役割、民間団体などの活動、そして、わたしたち、一人一人の毎日の取組によって成り立ち、維持されているのです。環境省では、水を「~守り育て、贈り使い、大切に還す~」日本の水循環を、官民が連携してしっかり支えていくことを「JAPAN Water Style」として、企業や自治体などへ提案しています。
「JAPAN Water Style」に賛同する企業や自治体では、それぞれの事業活動や環境活動を通じて、水を「~守り育て、贈り使い、大切に還す~」3つの分野の取組を促進するとともに、「JAPAN Water Style」の重要な役割を担う国民の皆様に向けて、様々な「Water Style」を提案していきます。
「Water Style」は、これまであまり意識せずに接することが多かった水について振り返って頂き、水循環について、私たち一人一人がその役割を担う一員であることを認識しながら、水をより身近に意識して、正しい知識をもって、より大切に、そしてより楽しく、生活の中に水を積極的に取り入れ、水を楽しむ新しい水との向き合い方です。

鴨川シーワールドの「Water Style」

鴨川シーワールドの「Water Style」は、「水の地球(ほし)に暮らす、生命(いのち)の輝きを、次世代へ伝えること」。水の一生をテーマに、自然環境を再現した生態展示を通じて、生命(いのち)のぬくもりに感動し、生命とそれをとりまく環境の大切さを学ぶことができる場を提供しています。また、希少生物と生物多様性の保全活動を推進しており、国の天然記念物や絶滅危惧種などの希少種の飼育下での保護増殖による系統保存に取り組んでいます。希少生物とその現状を、展示をとおしてご来園の皆様に知っていただけるよう、生息地の保全や再生など地域の生物多様性の重要性を発信して参ります。
鴨川シーワールドは「JAPAN Water Style」を応援しています。

第1回 Water Day FESTIVALへの参加

8月1日の「水の日」にちなんで、イオンモール幕張新都心にて行われた「Water Day FESTIVAL」。
鴨川シーワールドブースでは、普段なかなか目にすることのないウミガメや磯のいきものとのふれあいを通して、環境省が推進する水との新しい向き合い方「Water Style」を来場のお客様にご提案いたしました。

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ