鴨川市民が入園無料になる特別イベントに、計1,951名の市民が来園
鴨川シーワールド「鴨川市民DAY 2020」イベントレポート

2020年2月11日

株式会社グランビスタホテル&リゾート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:勝俣浩)では、鴨川市の市制記念日である2月11日(火・祝)に、日ごろのご愛顧に感謝をこめて「鴨川市民DAY」を開催しました。この度、その様子をレポートにてご報告いたします。

今年で6回目を迎える「鴨川市民DAY」は、2015年2月11日に市制10周年を迎えたことを記念し、市民のみなさまに無料で開放したことから始まりました。今年も鴨川市の花である「菜の花」が彩る園内は、地元に根差した様々なイベントや動物たちのパフォーマンスを楽しむ多くの市民で賑わいました。

マリンシアターで開催した記念イベントでは、勝俣浩館長による特別レクチャーとして、今年の秋に開業50周年の節目を迎える鴨川シーワールドのあゆみを紹介しました。
また、恒例となった地元鴨川を拠点とする女子サッカーチーム「オルカ鴨川FC」への応援イベントも開催されました。シャチのパフォーマンス会場である、オーシャンスタジアムでは、シャチたちが「オルカ鴨川FC」の今後益々の活躍を祈念して豪快な水しぶきをあげる「テールバースト」を披露し、会場を盛り上げました。

当日は1,951名の鴨川市民が来園し、盛況のうちに終了した「鴨川市民DAY」は、市民の方々に鴨川シーワールドとの繋がりを身近に感じていただける良き日となりました。

昨年の鴨川市民DAYの開催時に締結された、鴨川市と鴨川シーワールドによる「鴨川市民支援活動に関する連携協定」は、子育て支援事業として一年間に345組571名の方々へ年間パスポートを進呈しました。

本年10月に開業50周年を迎える鴨川シーワールドは、今後も地域とのつながりを大切にし、地域に根ざした活動を続けてまいります。

菜の花に彩られた鴨川市民DAY

勝俣浩館長による特別レクチャー

オルカ鴨川FC選手へ年間パスポートの贈呈

シャチからオルカ鴨川FCへの激励のテールバースト

鴨川中学校 音楽部によるミニコンサート

曽呂(そろ)ふるさと囃子保存会による獅子舞の披露

【本件に関するメディアの方からのお問合せ先】
鴨川シーワールド 広報 担当:山口・岡光
TEL/04-7093-4635 FAX/04-7093-3084

>>一覧に戻る

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ