日本初!カマイルカ 人工授精の赤ちゃん誕生!
日本初の人工哺育にも挑戦中
2019年5月29日(水) 午前1時42分

2019年6月25日

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:勝俣浩)では、2019年5月29日(水) にカマイルカの「ディアナ」が赤ちゃんを出産し、日本初の人工授精によるカマイルカの繁殖に成功しました。

出産は5月29日(水)、午前1時42分に確認されました。本来であればその数時間後に母親のお乳を飲みはじめますが、赤ちゃんが上手に乳首に吸い付く事が出来ず、このままでは母乳を飲むことができないと判断し、人工哺育に切り替えました。
3時間おきに飼育員が母親から母乳を採取し、カテーテルを使って赤ちゃんの胃に流し込む方法で哺乳を行っています。出生直後は体長106cm、体重13.5kgでしたが、6月25日現在で体長112cm、体重18.3kgになりました。
誕生以来赤ちゃんの状態を見極めていたため公表を控えてきましたが、人工哺育が安定してきたことから、この度情報発信させていただきました。一部規制等は実施しておりますが、公開はいたしておりますので観覧は可能です。

鴨川シーワールドでは過去にバンドウイルカで人工授精による繁殖に成功しておりますが、カマイルカでの成功は日本初の事例です。
鴨川シーワールドでは、今後もイルカ類の繁殖を推進してまいります。

【出産資料】

1、新生児:性別 オス、推定体長 106cm、推定体重 13.5kg
2、母獣:「ディアナ」  体長 228cm、 体重 130kg、 推定 29歳
3、父獣:「ルパン」   体長 204cm、 体重 120kg、 推定 18歳
4、その他:カマイルカの妊娠期間  約341日
     カマイルカの飼育、繁殖は難しく、無事に育つのは50%ほどと言われております。

元気に泳ぐ親子(2019年6月25日撮影)



水中観覧窓からの観察

【本件に関するメディアの方からのお問合せ先】
鴨川シーワールド 広報 担当:山口・岡光
TEL/04-7093-4635 FAX/04-7093-3084

>>一覧に戻る

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ