仲間の群れが確認された鹿島沖8マイル付近の海へ
元気になった「キタオットセイ」を放流しました
2017年3月30日(木)12時6分放流

2017年3月30日

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都中央区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:勝俣浩)では、千葉県いすみ市岬町和泉の海岸で保護したキタオットセイを、仲間の群れが確認された茨城県鹿島沖8マイル付近の海域に放流いたしました。

放流個体のキタオットセイは、2017年2月22日に千葉県いすみ市和泉の海岸で発見されました。当館に保護された当初は衰弱が激しく、体重も31.9kgと痩せていましたが、獣医と飼育員による治療の結果、翌日より餌の魚を食べ始め、現在では1日に4kgのアジやホッケを食べ、体重も43.2kg(3月29日計測)にまで回復しました。また、血液検査上の数値も安定していたため、仲間の群れがいる海域への放流を考え調査したところ、茨城県鹿島沖にキタオットセイの群れがいることがわかり、3月30日(木)12時6分に仲間のいる海域に放流しました。

当日は鴨川~銚子の間を車で移動し、(有)銚子海洋研究所の協力のもと、銚子マリーナを午前10時35分に出港、12:時00分に茨城県鹿島沖8マイル付近の海域に到着しました。多くの報道陣が見守る中、ケージから出たキタオットセイは海へ飛び込み、海面から頭を出して周囲をうかがい、船の周辺から離れようとしませんでしたが、やがて様子も落ち着き、グルーミングを始める姿を見届けたところで、船はゆっくりと放流海域を後にしました。鴨川シーワールドではこうした野生動物の保護活動を大切にし、今後も継続していきます。



【放流した「キタオットセイ」について】
保護場所:千葉県いすみ市岬町和泉の海岸
保護日時:2017年2月22日 14:05保護
性  別:メス(成獣)
体  長:110cm(保護搬入時同様)
体  重:43.2kg(保護搬入時31.9kg、プラス11.3kg)

【参 考】
和 名:キタオットセイ
英 名:Northern Fur Seal
学 名:Callorhinus ursinus
特 徴:鰭脚類の中で最も外洋性の(沿岸から遠く離れた海域で生活する)種類で、成獣は繁殖期以外に上陸しない。
日本近海へは、ベーリング海やオホーツク海の繁殖場から12月~5月に来遊し、千葉県銚子沖でも回遊中の群れを見ることができる。良質な毛皮等を目的とした商業捕獲で生息数を減らしたが、現在は国内法によって捕獲が禁止されている。

銚子マリーナに到着

(有)銚子海洋研究所 フリッパー号

放流海域へ移動

扉があき大海原へ

船の周辺を離れないキタオットセイ

【本件に関するメディアの方からのお問合せ先】
鴨川シーワールド 広報企画課 担当:関・山口
TEL/04-7093-4635 FAX/04-7093-3084

>>一覧に戻る

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ