未来のボスを目指してアクアマリンふくしまへ
オスの子どものトド「ライ」を搬出
2015年11月25日(水)

2015年11月25日

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都中央区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:荒井一利)では、2015年11月25日(水)に環境水族館アクアマリンふくしま (福島県いわき市、館長:安部義孝)に、オスの子どものトド「ライ」を搬出いたしました。

アクアマリンふくしまに搬出したトド「ライ」は、2013年に当館で繁殖したオスの子どものトドです。「ライ」の搬出は繁殖を目的としたブリーディングローンで、いずれは群れのボスとなり、メス個体との繁殖が期待されますが、「ライ」はまだ若い個体のため、繁殖はまだしばらく先のことになりそうです。

鴨川シーワールドを7:45に出発した「ライ」は14:00頃にはアクアマリンふくしまに到着する見込みで、体調を整えるためしばらく裏方の施設で飼育されますが、その後は仲間のトドたちと共に展示される予定です。

【搬出個体について】

種類:トド
個体名:「ライ」
体長:170cm(2015年10月30日 測定)
体重:173kg (2015年11月24日 測定)
性別:オス
年齢:2歳(2013年7月2日 当館で繁殖)
父獣:「マイジロウ」(11歳・おたる水族館での繁殖個体)
母獣:「レイ」(18歳・当館での繁殖個体)

【本件に関するメディアの方からのお問合せ先】
鴨川シーワールド 広報企画課 担当:関・山口
TEL/04-7093-4635 FAX/04-7093-3084

>>一覧に戻る

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ