KAMO_THEATER(カモシアター)

鴨川シーワールドの飼育係により海の生き物の様子を動画で紹介する「KAMO_THEATER(カモシアター)」。
公式Facebookで毎週水曜日にお届けしております。

2018.5.16 Vol.127~オオクチイシナギ~

オオクチイシナギは、北海道以南の水深120~600mの岩礁域に生息し、体長2mに成長する魚です。
この度、エコアクアローム「沖合の深場」で体長8cmほどの個体を2尾展示しました。
大きな体と大きなギョロ目、ゆっくりと泳ぐ姿は、風格がただよいます。

魚類展示課

2018.5.8 Vol.126~カマイルカ「キララ」満12歳~

カマイルカでは当館で初めて生まれた「キララ」(メス)が、5月3日に12歳の誕生日をむかえました。
国内でのカマイルカの繁殖例は少なく、繁殖個体の最長飼育記録を更新中です。
カマイルカでは初めての飼育下3世の誕生が期待されます。

海獣展示二課

2018.5.2 Vol.125~大型連休折り返し~

連休前半は好天に恵まれたくさんのお客様にお越しいただきました。
満員の観客席はトレーナーたちにとって何よりの励みになります。そんなトレーナーの心持ちは動物たちにも伝わり、はつらつとしたパフォーマンスをお届けすることができます。
連休後半も私たちと動物を元気づけにいらしてください。たくさんの水しぶきでお応えします。

館長

2018.4.28 Vol.124~シャチとの遊び~

オーシャンスタジアムでは、1日の中でパフォーマンス以外にも新しい種目の訓練をする時間や運動の時間、シャチと遊ぶ時間など、様々な時間割りをもうけています。
遊びの時間には、シャチの体をなでたり、遊び道具を入れたりして、シャチが楽しく過ごせるようにしています。

海獣展示一課

2018.4.17 Vol.123~サクラダイ~

サクラダイは、相模湾から台湾南部の岩礁域に群れで生息し、体長15cmほどになり、エコアクアローム「沖の岩陰」で展示しています。
オスは赤い体に白い花びらのような斑紋があり、これが桜の花びらの様に見えることが名前の由来と言われています。

魚類展示課

2018.4.10 Vol.122~「ルーナ」のスカイロケット~

6歳になる「ルーナ」は、最近、いろいろな種目を見せてくれるようになりました。
今、チャレンジしているのは、トレーナーとのタイミングが重要なスカイロケット。
さて、今日は、このコンビネーション・ジャンプをキメてくれるでしょうか?

海獣展示一課

2018.4.5 Vol.121 ~テンジクダイの仲間の幼魚~

テンジクダイの一種(バンガイ・カーディナルフィッシュ)は、インドネシアなどのサンゴ礁域に生息する体長8cmほどの魚ですが、日本では見られないため、和名がありません。
オスは卵がふ化するまで口の中で守る習性があります。
トロピカルアイランドの「コーラルメッセージ」では、鴨川シーワールドで生まれた体長1cmほどの幼魚の展示を始めました。

魚類展示課

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ