「トビウオ」の赤ちゃんの展示を開催中

2016年7月26日

こちらの展示は終了いたしました。
鴨川シーワールド 最新展示情報はこちら>

人工授精によって繁殖した「ツクシトビウオ」の稚魚の展示をトロピカルアイランド内「コーラルメッセージ」の円柱水槽で開始いたしました。

トビウオは初夏から初秋にかけて、南房総近海に回遊してくる「夏の魚」として親しまれていますが、体が傷つきやすく、神経質なため長期飼育が難しい魚のひとつです。

7月23日より展示を開始したトビウオ(ツクシトビウオ)の稚魚は、鴨川定置などで乗船採集した成魚から採取した卵を人工授精によってふ化させ、育てたものです。ワムシやアルテミアなどのプランクトンを与えて育成し、体長25mmほどに成長しています。特徴的な胸ビレはふ化後10日ほどで長くなり始め、今では一目見ただけでトビウオの赤ちゃんであることがわかるようになりました。透き通った体に黄色い模様が大変に美しく、大きな胸ビレを広げてヒラヒラと泳ぎ、エサのプランクトンを食べる様子は、まるで水中を舞う蝶々のようです。

この季節にしか見られない、優雅でかわいいトビウオの赤ちゃんの姿をぜひお楽しみください。

場所
トロピカルアイランド内「サンゴ礁の願い Coral Message」

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ